さかな図鑑


八杓子(やしゃくし)

八杓子

8枚ある杓子の様な形の太く厚いヒレからこの名前が付いた。オウムのくちばしの様な形の口で、サザエを噛み砕き食べるため「サザエ喰らい」とも呼ばれている。ゆらゆら揺れる頭部の突起物には水を溜める事ができ、陸上でも長時間生きていられる。ヒレを器用に使い、浜辺をひょこひょこ歩く姿は何とも愛らしい。味は良く無いが鑑賞魚として人気である。

 


戻る

Welcome to

Tajima Syugo

The strange world

田島 周吾

blog


     2018年11月9更新

 田島周吾 日本画展                       ー日々百花ー

 

庭のツワブキの黄色い花が咲き誇り、道々のカエデの葉が真っ赤に燃え盛っております。

いい季節。来週より髙島・・・