profile


田島 周吾 Tajima Syugo

田島 周吾

丹波の山奥で育った僕の遊び相手は、近くの川のコイ、フナ、ナマズ、オイカワ、カマツカ・・・。

中学二年の夏、沖縄で釣り上げたモンガラカワハギは、それはそれは美しくおもしろい魚で、膝はガクガク、釣り針を外す手は震え、反抗期まで吹っ飛びました。

 

柔らかい発色やキラキラ光る岩絵の具の美しさが大好きで日本画の世界に入り、綿布や紙に、墨、岩絵の具、箔を使い膠を接着剤に絵を描いています。日本の古典技法で描かれる精密で鮮やかな景色は、僕の絵に物語を与えてくれます。

これからも絵を描く根気と探求心を信じ、やさしく静かに呼吸している世界を追い求めて行こうと思っています。


 

1974 京都に生まれる

1996 青垣2001年日本画展 東京新聞社賞(97年優秀賞)

1997 京都造形芸術大学卒業

1999 第1回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展(豊橋市美術博物館)

2000 雪舟の里総社墨彩画展 奨励賞(岡山天満屋)

     京都美術工芸展 優秀賞・京都府買上げ(京都文化博物館)

2001 京都府美術工芸新鋭選抜展(京都文化博物館 同0203年)

2002 新鋭美術選抜展(京都市美術館 同05年)

     第5NXTE展 招待出品(京都高島屋、日本橋高島屋、砺波市美術館)

2004 個展(北浜画廊/大阪)

2005 個展(ギャラリーヒルゲート/京都)

       6回菅楯彦展(大阪高島屋、倉吉博物館)

2006 個展(京都大丸アートサロン)  

     新世代の日本画展(京都大丸、心斎橋大丸)

2008 田島征彦・周吾親子展(松屋銀座)

     チャンウォンアジアアートフェスティバル 招待出品(昌原市アートホール/韓国)

     The NIHONGA(京都文化博物館 同910、12年)

2009 アートフェア東京(東京国際フォーラム 同1011年)

2010 美の予感2010(高島屋/京都、東京、名古屋、大阪、横浜)

     日本画新展(美術館「えき」KYOTO/ジェイアール京都伊勢丹 同11年)

     彩趣会日本画展(京都高島屋)

2011 三素三輝展(大阪髙島屋ギャラリーNEXT

2012 個展(カールベンクス古民家ギャラリー/新潟)

     個展(アートデアート・ビュー/大阪)

2013 Artist Group -風- 公募展(東京都美術館)

2014 第2回郷さくら美術館桜花賞展 大賞(郷さくら美術館)

     花信風(日本橋高島屋、京都高島屋)

    Nihonga・京(日本橋三越本店、JR大阪三越伊勢丹)

Welcome to

Tajima Syugo

The strange world

田島 周吾

     開催中

blog


     2018年9月18更新

  RIMPA TO NIHONGA

 

この間までの、うだるような溶けるような暑さが嘘のように、あっという間に秋の・・