さかな図鑑


波多波多(ばたばた)

波多波多

大きな胸ビレをバタバタ振り回し泳ぐ姿が名前の由来である。しかしその姿は真っ青な唇で、もがき苦しんでいる様にも見え、「溺れ魚」や「腹痛魚」とも呼ばれている。春から夏にかけてはひどいぬめりと磯臭さから、猫またぎの一つとして敬遠されるが、秋から冬にかけ好物である牡蠣を食べ出すと、大変香り良く美味となる。

 


戻る

Welcome to

Tajima Syugo

The strange world

田島 周吾

blog


     2019年3月7更新

  「 個展が始まりました

暖かくなって参りました。春の陽射しに、心も弾みます。本日より個展が始まります・・・・・・