さかな図鑑


錦雲児(にしきどんこ)

錦雲児

小エビの肉しか食べない贅沢な魚である。そのためか、食するとほのかにエビの香りが漂い、「海老もどき」とも呼ばれる。特に天ぷらが絶品。生来のんびりとした性格で、引き潮時に磯の岩場に取り残される事が多く、その派手な体から鳥の格好の餌となる。くわえられた体が雲の中に消えて行く様からこの名前が付けられたと言われている。

 

 


戻る

Welcome to

Tajima Syugo

The strange world

田島 周吾

blog


     2019年3月7更新

  「 個展が始まりました

暖かくなって参りました。春の陽射しに、心も弾みます。本日より個展が始まります・・・・・・