茶道雑誌5月

 

 

我が家の牡丹、何もしていないのに
今年もたくさんの花をつけてくれて、
あっと言う間に咲いて、あっと言う間に散っていきました。
「竹籠の中では牡丹の茎より湧き出た牡丹水を売る『牡丹堂』。
看板娘の本日の菓子は淡紅色の水牡丹。」


Welcome to

Tajima Syugo

The strange world

田島 周吾

     開催中

blog


     2018年9月18更新

  RIMPA TO NIHONGA

 

この間までの、うだるような溶けるような暑さが嘘のように、あっという間に秋の・・