2016年

9月

13日

文藝春秋10月号

 

 

文藝春秋10月号の目次絵を担当させて頂きました。

タイトルは「七冨神と七煙花」

 

細かいところまでしっかりと描いた所や、

色も美しく印刷されていて、良く出来ています。

10日に発売になりましたので、是非、店頭で開いてみて下さい。

 

私の想像する神さん、犬、鯉、鶏、雷神、猫、蛸、鯰が宴会をやっております。

それぞれの神さんが、それぞれの食事を楽しんでおります。

 

 

 

 

 

2 コメント

2016年

9月

08日

椿の大作

 

 

突然の激しい雨だったり、真夏の様な暑さだったり、驚くほど涼しかったり。

目まぐるしい気候、空模様の毎日です。あ、女心ってやつですか。

 

只今、久々の大作制作に励んでおりまして、毎日体中が悲鳴を上げております。

ここしばらく、小品ばかりを発表しておりましたので、

こういった大作は数年ぶりで、なかなかカンが戻らずもがいておりましたが、

やっと、楽しめる様になってきました。

この作品は来春の発表となります。

 

そして、この後にももう一点、更に大きな作品を描かねばなりません・・・。

僕の身体、持つんでしょうか。

そちらも椿を主体に、脇役で、初めて犬を描こうと思っております。

それも、愛犬珍犬おバカ犬エンジュ・・・

 

 

 

0 コメント

2016年

8月

05日

ありがとうございました

 

 

夏真っ盛り。

奈良では、毎日の様に夕方には夕立が来て、ざっとひと雨降っていきます。

 先日、地区の夏祭りで頂いた鈴虫が、一匹だけ?5秒程だけ鳴く様になってきました。

殆どが、まだ成虫になっていないらしく、あと数回脱皮を繰り返して

鳴く様になるらしい。月末頃には大合唱が聞けるはずです。

 

日本橋三越で開催しておりましたNihonga・京が、無事終了致しました。

暑い中、たくさんの方においでいただきまして、ありがとうございました。

 今年の展覧会は、早くもこれで終了となります。

来年は春から夏に大作発表や個展が続き、大作の制作に追われまくっております。

しばらくぶりの大作制作で、既に夏バテ気味・・・。

 

謎の宴。

黒猫、気の毒にエリザベスカラー装着中の為、鯛が食べれません。

 

 

 

1 コメント

2016年

7月

26日

「Nihonga・京」始まります

 

夏がやって参りました。外はミンミンゼミの大合唱です。

ここの所、湿度も低くカラッと気持ち良く晴れて暑いけれども夕方には過しやすくなり、

大好きなヒグラシが鳴いて、田んぼから良い風が入ってきます。

今年の生駒山や、法隆寺に繋がる裏山にポツポツと茶色の樹が見受けられます。

近寄ると樹が枯れているようです。近年言われている楢枯れという事でしょうか。

 

明日から、「Nihonga・京」が始まります。

50号、10号、4号と、今年は団扇の合わせて4点展示させて頂く事になりました。

50号は、どかんとドデカカボチャ。

30日にはギャラリートークも開催されます。

お近くにいらした際には、是非、お立ち寄り下さい。

 

「Nihonga・京」

会期:2016年7月27日(水)〜8月2日(火)

会場:日本橋三越本店 本館6階 

   美術特選画廊

7月30日(土)14:00〜 出展作家によるギャラリートーク

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

5月

11日

アートフェア東京2016

またもやブログ4ヶ月の放置。

なんだかんだと、あっと言う間に5月になってしまいました。

本当に目まぐるしい毎日です。

 

そして、明日より

「アートフェア東京2016」

が、始まります。

今年も、新作を交えて、15作品を出品致します。関東地方にお住まいの方、入場料がお高いですが、1日じっくり


見て回れるぐらいの内容になっておりますので、どうぞお越し下さい。

 

「アートフェア東京2016」

会期 2016年5月12日(木)〜5月14日(土)

時間 5月12日(木)14:00〜21:00

   5月13日(金)12:00〜21:00

   5月14日(土)10:30〜17:00

会場 東京国際フォーラム ホールE&ロビーギャラリー

   東京都千代田区丸の内3-5-1

チケット 1-DAYパスポート2,500円  3-DAYパスポート4,500円

 

 

0 コメント

2016年

1月

14日

折々の作家たち展

 

 

昨日今日と、冬らしい空気になっておりますが、今年の冬は、本当に暖かく、

いつも、フライングで一輪だけ咲く椿が、今年はいくつも咲いております。

 

秋にこの辺りでは大発生するカメムシが、今年はかなり少なかった。

秋のカメムシの量と雪が比例すると言う話しを聞いた事があるのですが、

毎年、大当たりです。カメムシの大発生の年は大雪になった事があります。

雪下ろしをしようと屋根に足を置いた瞬間、ひとかきもする前に落下して

手首を骨折した事を思い出します・・・。

 

さて、既に始まっている展覧会ですが年賀状の原画を出品しております。

お近くにいらした際には、是非、お立ち寄り下さい。

 

「第24回 折々の作家たち展」

会期 2016年1月11日(月)〜1月24日(日)<1月18日(月)休廊>

時間 12:00〜7:00PM(最終日〜5:00PM)

場所 604-8081

   京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町

   ギャラリー ヒルゲート

   075-231-3702

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

1月

01日

あけましておめでとうございます

 

 

あけましておめでとうございます。

今年も、どうぞ宜しくお願い致します。

今年の年賀状は「椿申堂」〜椿もお尻も真っ赤っか〜。

椿酒を造る酒造の店主が猿で、杯片手に酔っぱらってます。

 

今年も5月に個展、間にいくつかのグループ展と、忙しい日が待っております。

少しでも、成長出来る1年にしたいと思います。

ブログも、1週間に1回、いや、せめて2週間に1回は更新が目標です。

(毎年、同じ様な事を思っているのです・・・)

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

2 コメント

Welcome to

Tajima Syugo

The strange world

田島 周吾

たじま絵画教室

産経学園でも日本画教室開講

 奈良登美ケ丘校→第4水曜日

第2回 

   日本画グループ「星辰

blog


    2018年6月15更新

「第2回 日本画グループ

         「星辰」」

 

外はしとしとの雨。梅雨の始まり。この間までつんつるてんで、枯れ木の様で葉っぱ・・・